椎間板ヘルニアとの付き合い

今回は椎間板ヘルニアのお話です。
私と腰痛の付き合いはかれこれ20年以上です。
20代の頃務めていたスーパーで若い私は力任せに重いものを運んだり1日中レジに立ったりして、体力にまかせバリバリ働いていました。
腰が痛いなーとは思っていたけれど、筋肉痛とかそういった類と思い、当時放っておいてしまいました。

ある日歩けなくなる

今思えば、痛みが長引いた時点で整形外科にでも通院していれば適切な治療で回復できたはずです。
当時、若く知識のない私は自分の身体能力を過信していました。
ある朝立てなくなりました。

足が上がらない。
正確にはすり足で前へ進む事はできますが、膝を上に持ち上げることが出来ないのです。
足の感覚が鈍く、なにか足腰の奥のほうで疼くような重い痛みが続いています。
なにかおかしい。異変が起こっているのはわかるが、当時はスマホもインターネットも一般的でないため、簡単に調べることもできずとりあえず仕事を休んで病院へ行きました。

治るまで1年近くかかった

椎間板ヘルニアと診断を受け、ほぼ毎日腰の牽引と電気治療を受けに行きました。
当然仕事も長期お休みです。
相変わらずすり足のような歩き方しかできず、坐骨神経痛の疼痛は日に日に酷くなり、縦になっても横になっても辛い痛みに悶える日々でした。

結局長く回復しなかったので仕事も辞めて病院へ通いました。
まともに動けるようになるまで数カ月。生活に支障がなくなるまで半年。ほぼ痛みを感じなくなるまで1年ほどかかりました。
治った後も少し無理をするとすぐに腰痛を発症し、若くして持病が腰痛となってしまいました。

無理の利かない体に

そんなこんなでデスクワーク中心の仕事にチェンジし復帰しましたが、無理の利かない体になりました。
重いものを持つとすぐに腰が痛くなる。天気が悪いと坐骨神経痛が出る。通勤電車で座れないと腰が持たない。etc…
20代で健常者とはいいがたい、そんな状態でした。

そんな自分の体と付き合いつつ生活していましたが、結婚後は主人の実家の福祉法人のお手伝いのため介護士の仕事に着きました。
腰痛を持っているためあまりハードにならないように調整してもらうように言ったのですが、介護現場でそのような調整はやはり難しく、結局日々なんだかんだ無理をしたために再び日常生活を送るにはちと厳しい状態まで悪化し、体を引きずりつつ(当時は他のストレスも半端なかった)なんとか引継ぎを済ませ療養期間に入らせてもらいました。

その頃が30代中盤。
ここで初めてMRIを撮ったのですが、第五腰椎と仙骨の間の椎間板が真っ黒になっていて、先生からはゴムのような役割をするはずの椎間板がスポンジみたいに変化してるね、と言われます。
ここが潰れやすいので負担をかけずに生活するしかないと言われ、またもやリハビリの日々です。

当時は沢山働いてストレスで心身共にボロボロだったので、ひたすら安静にしていました。

運動をして筋肉をつけて腰痛予防に励もう!
よく目にしますし聞きます。でも私はなかなか続きません。

出来る運動は水泳のみ

正確には他にも運動は出来るけど、腰を痛めず続けられるのは水泳のみです。
ヨガなどにも挑戦しましたが即刻腰痛になり即日中止です。
本来運動は好きでした。スキーもするし中学時代はテニスもやっていました。
今でもシーズンに1~2回はスキーに行きますが、コルセット必須で腰の調子を見つつ少ししか滑ることが出来なくなりました。スキー旅行というより温泉メインの旅行です。
水泳は小学生のころからやっていたのですが、大人になるとなかなか続けられず、生理が来るたび中断しPMSなどもあって月の半分は通えないので、なかなか続きません。
唯一の楽しみのスポーツはスキューバダイビングですが、これはお金もかかるので日々のスポーツではなく趣味の範囲でしかなりません。

サイパンのダイビングポイント「アイスクリーム」にて撮影

そもそもずぼらな性格なので、どんどんインドアになりオタク気質も相まって、運動する→腰痛くなる→ダラダラする→太る、の悪のスパイラルに陥ります。

2度目のMRI

そしてつい最近、ぎっくり腰並みの激痛と共に動けなくなり整形外科へ。
今回かかった病院はとても親切でした。
痛みを撮るのを第一優先に考えてくれる治療で気が楽になりました。

10年越しに2度目のMRIも撮りました。
症状は悪化していました。
症状的には10年前、さらには初めて患った20代の頃より全然良い状態なのですが、投影されていた映像は明らかに悪化しています。

椎間板ヘルニアに加え変形脊椎症

10年前の記憶よりもさらに椎間板はぺしゃんこになっていて下肢への神経が圧迫され細くなっていました。
それに加えその部分の骨に変形が見られていました。
神経側に尖って出っ張っているのです。
自分で引きました。私の腰椎こんなんなのか…。

ブロック注射を打ってもらい、飲み薬も効いたので1週間ほどで痛みはよくなりました。
症状がよくなったので今回手術までには至りませんでしたが、また数年のスパンで痛みが激しくなり、変形した骨が原因だった場合は外科手術になりますね。と言われました。

あ~…腰に爆弾抱えてんなぁ…

今回は素早く痛みが治まってくれたので助かりましたが、痺れ感は少し残っていますし「無理をしない」のレベルがまだまだ高く、人より長い時間の家事ができません。おかげで今家の中が惨状です。
先生にはコルセットで保護するのが一番大事といわれました。
苦しいし暑いしめんどくさいのですが、コルセットを着けつつ今後もこの爆弾腰とうまく付き合いながら地味に生活するしかありません。

皆様におかれましては、酷くなる前にどうか適切な治療を受けられますように…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です